【山口県】周南市・おっぱい絵馬の「川崎観音堂」参拝記

山口県周南市には「おっぱい観音」と呼ばれる寺があると聞いた。それは徳山の銀座中央街に貼りだされていた観光ポスターから知った訳なのだが、おっぱいちんまんには目が無い下品な我々がそれを知って行かない訳がなかろう。

通称おっぱい観音は徳山と新南陽の間、周南市川崎という地区にある。東京地名がやたら多い事で知られる周南市だが、横浜とか川崎という地名まであるのだから凄い。川崎もあやかり地名なんでしょうかね。同じ工業都市だし...ちなみに正式名称は「川崎観音堂」。

川崎観音堂の前は交通量の多い国道2号バイパスがあって新南陽方面から来る分にはいいが徳山市街地から来た場合は細い下道に回りこまなければならず結構大変。交通事故には気をつけよう、という事でお地蔵さんにも手を合わせておく。

境内の階段下には「平景清の目洗いの井戸」がある。これはおっぱいとは無関係だが、元々おっぱい寺になる前は眼病平癒の祈願に訪れるための場所だったらしい。

目の前の急な階段を登った先に本堂やらその他諸々があるのでまずはお参りしましょう。

本堂にお参りしたらその傍らにある絵馬掛け場を見に行く事にしましょうね。ここの絵馬がかなり面白い事になっているのだ。

そこには絵馬...というよりは物凄い数のおっぱいが並んでいる。ざっと数えてみても100個以上の絵馬にそれぞれ手作りのおっぱいが付いているのだ。カオスやな...これはおっぱい星人にはたまらない光景である。

みんなそれぞれ手作りのおっぱいを奉納している訳なのだが、これらは安産祈願や母乳の出が良くなるようにと授乳祈願に訪れるママさんがこしらえたものなのだ。

実際のおっぱいも人それぞれ違っているが川崎観音堂に奉納されているおっぱいもやはり人それぞれ。焼売の出来損ないレベルのものもあれば、肌や乳輪の色までこだわった本格派まである。

各々裁縫道具を使って布に綿を詰めて乳輪と乳首をこしらえて手作りおっぱいを完成させているのだが、乳首の部分がボタンになってるのもちらほら見られます。それもみんな大事そうに箱に入れられていて、中にはビニール袋が被せられているものもある。

おっぱい寺やおっぱい神社というのは愛知県小牧市の間々観音やら北海道浦幌町の乳神神社など全国に結構あるが、このおっぱい絵馬のハンドメイド感が味わえるのはここ川崎観音堂くらいしかなかろう。

ダンボール箱に詰められているのは恐らく古いおっぱい絵馬。やっぱりまとめてお焚き上げするんでしょうかね。

ここにも「みつけて周南」の観光ポスターが。まあ確かに普通に観光に来る所じゃないわな。一般的に有名なのは人間魚雷回天の島と工場夜景くらいだし。

縁日には女性参拝客で溢れ返る、という事なので今度はその日を狙って訪れたいもんですね(笑)

階段を登り切った上の境内から市街地を見下ろす事が出来る。遠目にはコンビナート地帯の煙突群が見えておりなかなかの風景である。実は川崎と同じように徳山でも工場夜景クルーズを開催している。

おっぱいタオル
おっぱいタオル
posted with amazlet at 13.01.24
ジグ
売り上げランキング: 26,967
おっぱいハット
おっぱいハット
posted with amazlet at 13.01.24
アイコ
売り上げランキング: 86,087

サイト内検索

日本DEEP案内には総数985件の記事が公開されています。 あなたの地元の記事も載っているかも知れません。以下のボックスからサイト内を検索出来ます。

ソーシャルブックマーク

この記事が好きな方はこちらの記事もお好きだと思われます。

山口県エリアに関する記事は以下にもあります。

>山口県エリア索引も合わせてご覧下さい。

このページの上部へ

諸事情により(人前で)読みやすくなったDEEP案内シリーズの新サイトを開設しています。 今後の記事更新は「新日本DEEP案内」でも行う予定でおります。どうぞご贔屓に。なお、人前で読みづらそうな記事は従来通り当サイトで公開する方針です。
Twitterで当編集部の更新情報やどうでもいい呟きをフォローしたい貴方は@deepannai@nippondeepにてどうぞ。

「日本DEEP案内」です。北海道から沖縄までまんべんなくちょっとアレな地区の街歩きレポートを続けております。 遊郭跡、風俗街、ハッテン場、珍スポット、事件現場、廃墟廃村、宗教施設等色々人目に付きづらい胡散臭そうな場所をうろうろ探し回っております。 系列サイトに「東京DEEP案内」「大阪DEEP案内」「新日本DEEP案内」もございますので合わせてご覧下さい。

全てのエントリーを見る

街の変わったもの、怪しいもの、見捨てられそうになっているものに適当に首を突っ込むのが大好きな当取材班によるタウンレポートを中心に地域ネタコラムなんぞも交えて適当に書き殴っているDEEP案内シリーズ編集部です。編集長・逢阪が中心になって運営しております。常時街ネタ等タレコミお待ちしています。

Twitter

DEEP案内編集部はTwitterアカウント(@deepannai)を開設しております。 お陰様でフォロワー数5000名近くにまで達しておりますが、適当なネタに反応しているだけの適当なアカウントなのであまりアテにしない方がいいです。 あと、たまに更新情報も投稿します。
また、各シリーズごとのサイトに更新情報専用アカウント(@tokyodeep / @osakadeep / @nippondeep / @sekaideep)を所有しております。 各サイトの更新情報を手早くキャッチしたい場合はフォローしてみるのも良いかと思われます。なお、これらのアカウントは自動更新で行っており、リプライは読んでおりませんので、@deepannaiまでお願いします。

その他SNS

Facebookページ「日本DEEP案内」
mixiページ「DEEP案内mixi支部」

当編集部宛メール

こちらのメールフォームからDEEP案内編集部に連絡する事ができます。

Creative Commons License