シェアする

福岡県久留米市の裏名所たい!西鉄花畑駅周辺の「怪しい旅館街」を歩く

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

我々取材班も日本の様々な場所に出掛けてきたが唯一行けてなかったのが九州だ。単に東京から遠いという理由だったがこの度福岡県に訪問出来る機会があったので、どこに行こうかと思ったが福岡県でヤバイのは福岡市よりも筑豊や北九州、久留米といった周辺都市なのでまずはそっちを重点的にやりたい。

さて、まず訪れたのが久留米である。ここは福岡県筑後地方の中心都市で西鉄電車特急で福岡市の中心繁華街・天神から30分くらいで来れる土地だが、手榴弾まで出てくる暴力団抗争が熱い街として有名。久留米の街の中心は西鉄久留米駅の西側一帯だが、そこから一駅先に「花畑」という素敵な名前の駅がある。そこで降りた。

花畑駅の周辺は何の事情も知らないよそ者が見てもただの住宅地で、駅周辺も再開発されて真新しいビルが数多く建っているだけといった所だが、ここは知る人ぞ知る裏風俗のメッカで、ここ花畑駅を中心としたエリアにある「旅館」はおしなべて「ちょんの間」として営業しているという。

そんな情報を耳にしてやってきた取材班、昼間っから来て何か手掛かりでもあるかどうか不信に思っていたが、まずは街の様子だけでも見る事にする。ともかくこの久留米という街は電柱やら自販機にまでブラック金融の張り紙が夥しく貼りまくられている。一見何の変哲もない住宅地にリアルウシジマくんの世界が広がっているのだろうか。

高架駅となっている花畑駅から西鉄久留米駅方向に歩いて行くと遊郭風味な色っぽい建物が現れた。こういう家を見ると勝手に盛り上がってしまいそうになるが隣にある食肉業者の自宅のようだった。久留米と言えばラーメンかと思ったが焼肉屋も結構多い。

程無く高架線路から外れた路地に入ると左手に一軒目の旅館が見えた。事前に聞いていた情報によると、こうした「旅館」が営業をしているという話だが、見た目には商売っ気の欠片もなく宿泊料金等が掲示された看板の類も一切ない。看板を掲げてさえなければ、本当に普通の民家といった佇まいの所ばかり。

この花畑駅周辺に何軒旅館があるかざっと見回したが、5軒以上10軒足らずといった所だろうか。大阪の飛田みたく特定の地域に固まって商売をしている訳ではなく、殆どの「旅館」が距離を置いて点在している。確かに主要市街地から外れたこの場所にしては、旅館の数がやけに多い気がする。

それも旅館の多くが車道から外れた路地の奥にひっそり建物を構えているという有様。そもそも一般客は全く受け入れる気がない訳で、こうして見ていると大きめのワゴン車がおもむろに路地に突っ込んできて旅館の前で女性を下ろして去っていった。どうやら嬢の「送迎」に回っている車だったらしい。

車から降りて足早に旅館の玄関に駆けずりこんだ女性はまだ見た目にも若かったにも関わらず、この鄙びた旅館街でおおよそ30分8000円だかでこっそり「商売」してるというのだから、一体この街はどうなってるのだ。

久留米という街は戦前までは軍都として栄えたところで陸軍の駐屯地があり、そこに遊郭もあった。花畑のちょんの間旅館もその関係で今に残っているのだろうという話だ。ちなみに久留米には現在も自衛隊駐屯地がある。

中途半端に土地開発が進んでいる花畑駅周辺。道路に面した所は軒並みマンションに建て変わっているが路地に入ると空き地と住宅地が混在している。久留米は福岡市のベッドタウンにもなっていて、西鉄の特急電車も花畑駅に停車する。

路地の一般家屋の脇に祀られていた祠が妙に気になってまじまじと眺めてしまった。真新しい家屋の建物に反して祠はすこぶる年季が入っている。土地に根付いた信仰が続けられているようだ。

しかし右側の祠の中に居た馬頭観音像にはご立派なイチモツがついておりました。なんでこんなにご立派なんでしょう。土着的な由縁あっての事でしょうか。いやはや久留米とはつくづくDEEPな土地柄である。

俺の旅―518日ニッポン縦断強制放浪
和田 虫象
鉄人社
売り上げランキング: 275659
サンポー食品 久留米ラーメン 89g×12個
サンポー食品
売り上げランキング: 32,742
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク