関西一覧

女性メッタ刺し事件発生!大阪・キタの無法地帯「兎我野町」って何があるんですか

大阪の二大繁華街「梅田」と「難波」、それぞれ「キタ」と「ミナミ」と称するのが地元の呼び方として定着しているが、ミナミと比べると「キタ」は神戸や京都、北摂などの転勤族や高所得者が多く暮らす郊外住宅地から電車一本で繋がっているためか、お上品でま...

記事を読む

【ラブホ列伝】大阪・京橋の怪しい盛り場にそびえる孤高のレトロラブホ「富貴」に連泊してきた

関西、特に大阪には首都東京ですら歯が立たないような超絶な存在感を誇るレトロラブホが現役で当たり前に生きていたりする。ストリップとかもそうだけどエロ方面の文化は関西は特に強いし、失言宰相の異名を持つ森喜朗氏だって「低俗な風俗産業も必ず大阪から...

記事を読む

【ラブホ列伝】大阪天王寺区「ジョイフルクラブ」(旧・ホテル延若)が古臭すぎて腰が抜けた

ラブホテルというよりも「連れ込み旅館」と呼んだ方がしっくり来るような超オンボロレトロラブホテルに出くわす瞬間がある。敷居を跨ぐと昭和の世界にタイムスリップ、容赦なく非現実感が貴方を襲う事だろう。で、こういう思いをするのってだいたい大阪に行っ...

記事を読む

NO IMAGE

“生まれ変わったら『道』になりたい”…神戸市「側溝のぞき男」の現場を訪ねる

人の欲望には際限がない、とはよく言われる事だが、とりわけ人の「性癖」ほど底なしの世界はないようにも思う。我々も上野駅の13番ホームトイレといったホモのハッテン場とか様々な場所を見てきた訳だが、今回どうしても行きたかった場所がある。神戸市にあ...

記事を読む

NO IMAGE

天王寺駅前で昼間から堂々と売春してる!「あべちか」外人立ちんぼババア伝説

大阪の天王寺と言えばいっちょまえのターミナル駅でありながら全体的に胡散臭さの際立つ街なのは昔ながらの事。新世界や飛田新地や釜ヶ崎が最寄りにあるからだろうが、いつ来てもホームレスや売春婦がたむろするという香ばしい土地柄。そんな...

記事を読む

営業中写真撮影厳禁、日本最大の現役遊郭!大阪西成のちょんの間地帯「飛田新地」を歩く (全3ページ)

大阪市西成区山王三丁目にある「現役の遊郭」飛田新地の存在はここ近年ネット上でもすっかり有名になってしまったが、改めて当サイトからもこの場所についてのレポートをお届けする。

記事を読む

NO IMAGE

神戸新開地・福原ソープ街向かいの路地裏横丁「松竹小路」

綺麗なアーケード街なのにパチンコ屋とやさぐれたオッサンだらけ、まるで西成かと見紛うような客層の神戸の新開地商店街のすぐ東側には有名な福原のソープ街が広がっている。この周辺には酔っぱらいオヤジが好みそうな怪しげな路地裏横丁が何箇所かあるの...

記事を読む

NO IMAGE

神戸新開地の古臭くて怪しい地下街「メトロこうべ」

関西三都のオシャレ担当らしい港町神戸のイメージとはおおよそかけ離れた市内随一の歓楽街「新開地」。元遊郭で兵庫県唯一のソープランド街「福原」を抱え、パチンコ屋やら酒場や映画館やらあれこれ下町オヤジの欲求を満たす娯楽に溢れている。この街へ電...

記事を読む

アッー!通天閣の周りはハッテン場だらけ「大阪新世界」 (全2ページ)

今回は初心に帰って大阪のアンテナ的存在でベタな観光地となってしまった新世界界隈をもう一度ぶらぶらしてみる事にした。随分前から観光地臭くなって、ジャンジャン横丁から通天閣の下までの間は観光客目当てのしょーもない串カツ屋だらけと化した界...

記事を読む

NO IMAGE

尼崎市神田南通に存在するちょんの間地帯「かんなみ新地」

駅前にパチンコ屋やら風俗店がこれでもかと密集している阪神尼崎駅前の歓楽街を見てお腹いっぱいになりそうだが、そんな尼崎には有名なちょんの間地帯がある。神田南通にある「かんなみ新地」だ。

記事を読む

NO IMAGE

工業都市・阪神尼崎駅前の「神田新道」とその周辺のいかがわしい歓楽街 (全4ページ)

前回のトラキチ商店街探検から2年ぶりに再びやってきた阪神尼崎駅。大阪市に隣接していながらなぜか兵庫県に属していて、梅田から電車で5分という異様な近さの割にはこの街の事をよく知らないでいるのはもったいないので、今度はじっくり時間を掛けて回る事...

記事を読む

NO IMAGE

【和歌山とトルコ】絶滅したはずの「トルコ看板」が残っててトルコ人もビックリ!和歌山・新雑賀町ソープランド街 (全3ページ)

築地通りから中ぶらくり丁、銀座通を隔てた先には大門川に架かる雑賀橋がある。

記事を読む

NO IMAGE

阪和線に揺られて行く大阪の隠れたちょんの間桃源郷「信太山新地」 (3)

さらに新地の奥へと入り込む。車も入る事すらままならない細い路地裏にも「旅館」が密集している。基本的に営業は昼からの店が殆どで、深夜0時にはきっかり店を閉める。まるでシンデレラ状態。よって早朝にやってくると「普通の閑静な住宅地」へと姿を換え...

記事を読む

NO IMAGE

阪和線に揺られて行く大阪の隠れたちょんの間桃源郷「信太山新地」 (2)

いわゆる「大阪五新地」の一つ、ちょんの間地帯「信太山新地」はJR信太山駅近くの何の変哲もない住宅街の中に突如として現れる。信太山新地の歴史は戦時中からあったそうだが詳しい歴史資料に乏しく具体的な経緯は不明な点が多い。戦後の赤線時代を経て...

記事を読む

NO IMAGE

阪和線に揺られて行く大阪の隠れたちょんの間桃源郷「信太山新地」 (1)

天王寺駅から阪和線に乗っておよそ30分。和泉府中の一つ手前、信太山駅で降りる。自治体の区切りで言う所の大阪府和泉市にあたる。何も予備知識が無ければ、ここは大阪郊外のつまらない住宅地でしかない場所だ。信太山と言えば陸軍時代から続く陸上自衛...

記事を読む

女性の一人暮らしは危険!姉妹殺人事件の舞台!大阪市・人妻マンションヘルスの聖地だった「大国町」 (全2ページ)

大阪第二のターミナル・難波のすぐ南側にある「大国町」。隣り合う恵美須町とともに七福神の名が入ったおめでたい地名とは裏腹に人通りもなくどこか殺伐とした街である。大阪の動脈(御堂筋線)と静脈(四つ橋線)が合流する大国町駅は多くの利用者がいるにも...

記事を読む

NO IMAGE

谷町九丁目の珍建築「バロンヴェール」はフィリップ・スタルクが手掛けた風俗ビルです

地下鉄谷町九丁目駅に近い谷町筋沿いに緑一色で窓も取り付いていない気持ちの悪い建物がポツンとあるので一体何だろうと思っていたのだが、どうやらバブル期にこの土地に興味を示したフランスのデザイナー、フィリップ・スタルク氏が手がけた物件らしい。

記事を読む

NO IMAGE

天王寺区生玉町「生國魂神社」周辺がラブホだらけでもうイクタマ! (全4ページ)

地下鉄谷町九丁目駅の南西側にある生國魂神社は地元の婆さんや庶民には「いくたまさん」とも呼ばれ、難波大社の名を持ち神武天皇が祀ったと言い伝えられる、大阪最古の神社である。

記事を読む

【ラブホ列伝】関西熟女売春のメッカ!天王寺の場末ラブホ街・茶臼山の怪しい天守閣「ノーブルホテルダイゴ」に突入してきた

大阪・天王寺。梅田や難波に次ぐ大阪市内第三のターミナル駅で、近鉄南大阪線・JR阪和線・JR大和路線で南河内、奈良、関西空港、和歌山方面へ向かう時に必ず来る事になる場所だ。駅前には天王寺公園が広がっていて、東京で言えば上野あたりとどこか印象が...

記事を読む

NO IMAGE

ドキッ!外国人売春婦だらけのラブホ街「天王寺茶臼山」 (2)

大阪ディープサウス、人間動物園「天王寺」における夜の街、天王寺公園北側にラブホが密集する「茶臼山町」界隈を引き続き歩く。屋上に大阪城が乗っかった珍建築「ホテル醍醐」の手前から伸びる路地から茶臼山町の風景を眺める。生玉町や兎我野町みたくお...

記事を読む

NO IMAGE

ドキッ!外国人売春婦だらけのラブホ街「天王寺茶臼山」 (1)

天王寺駅の西側にはかつて「青空カラオケ」でフリーダムな光景が見られた天王寺公園がある。そこに隣接する茶臼山町は、いわゆるラブホ街。夜な夜な駅前の商店街に現れる謎の外国人ポン引きババアは有名で、東京で言うなら鶯谷に匹敵する泥臭さ溢れるピンクゾ...

記事を読む

NO IMAGE

千林商店街の裏に回れば、そこには小さな“ちょんの間”旅館街がありました「滝井新地」 (全2ページ)

京阪千林駅にも程近い守口市側の住宅街にひっそり佇む「滝井新地」はマイナーながらも現役の新地の一つとして知られている。常に買い物客でごった返す千林商店街も、夜更けともなれば人の姿はまばら。

記事を読む

NO IMAGE

西名阪道香芝インターを降りると凄い勢いでラブホテルが密集している件 (2)

西名阪自動車道香芝インター前のラブホ街が気になって仕方がなかったので様子を見に来た訳だが、結構な数のホテルが営業中ではあるが一方では古びて場末感が酷い物件や廃墟と見紛うような物件が何軒かある。現役のホテルが何軒あるか厳密に数えたら、西名...

記事を読む

NO IMAGE

西名阪道香芝インターを降りると凄い勢いでラブホテルが密集している件 (1)

大阪と名古屋を最短で繋ぐ大動脈、西名阪自動車道に乗って大阪から奈良方面に走ると奈良県側に入って最初のインターチェンジが香芝インターである。 ここで降りても近所に法隆寺があるくらいでとりわけ珍しいものがあるわけでもないが、それ以上に気になって...

記事を読む

女町エレジーに唄われた「生駒は悲しい女町」宝山寺新地の売春旅館群 (全2ページ)

ケーブルカー宝山寺駅を降りて少し歩くと、宝山寺参道の聖天通りに差し掛かる。ここから石段と旅館が立ち並ぶ独特な風景が続いているが、この場所こそが知る人ぞ知る「宝山寺新地」。普段何もない昼間などにこの場所を訪れても人通りも殆ど無...

記事を読む

ラブホと風俗店しかないやんこの街…大阪・キタの魔窟「兎我野町」を歩く (全3ページ)

ピンサロにゲイバー、ラブホに発展場とアダルトでピンクなキタの繁華街「堂山町」の南側は、兎我野町。ちょっと変わった字面の地名だが読みは「とがのちょう」で正解である。地名の説には「都祈野」と称する古代朝鮮新羅の言葉で「日の出」を意味する...

記事を読む

西日本を代表するゲイタウン!大阪「堂山町」をうろうろハッテン街歩き (全8ページ)

大阪の二大繁華街、キタとミナミ。キタはよそいきでやや上品、ミナミは地元向きでやや下品といった大雑把な棲み分けがされているようだが、梅田の東側、阪急東通商店街などが広がる堂山町や兎我野町の辺りは風俗街やラブホ街やらゲイタウンやら、やたらピンク...

記事を読む

NO IMAGE

雄琴ソープ街に隣接する謎のスーパーミュージアム

今回、関西最強のソープ街として名高い滋賀県大津市の雄琴温泉の街並みを見るべく訪れた訳だが、たまたま目的の場所に隣接してとんでもなく電波全開な怪しい物件があったので、ついでに紹介しておきたいと思う。それはどう見ても潰れたパチンコ屋を改装し...

記事を読む

関西屈指のソープランド密集地!滋賀県大津市「雄琴温泉」を歩く (全4ページ)

古都京都から比叡山を挟んだ向かい、マザーレイク琵琶湖が水を湛える関西の水がめ滋賀県。山科から分岐する湖西線に入り15分少々電車に揺られていると辿り着くのが滋賀県を代表する温泉地・大津市の雄琴温泉。県内屈指の由緒ある温泉街であると同時に関西屈...

記事を読む

【壊滅】京都激裏観光・ちょんの間お茶屋地帯「五条楽園」の中はこうなってました (全2ページ)

大阪に飛田、神戸に福原と、遊郭の名残りを残す街は関西に各所あるが、京都では「五条楽園」という所が有名である。牛若丸と弁慶でゆかりのある五条大橋から程近い鴨川右岸(橋の南西)の一帯に今も広がる。

記事を読む

スポンサーリンク