神奈川県一覧

巨大チンコ神輿が相変わらずキョーレツ過ぎて…川崎・金山神社「かなまら祭り」2014

今年、2014年4月6日、毎年恒例の「かなまら祭り」が神奈川県川崎市の金山神社で執り行われた。日本屈指の「チンコ祭り」として国内外から大勢の観光客が巨大チンコ神輿見たさにやってくる好事家達の集まる祭りとして認識されてきたが、毎年来場...

記事を読む

NO IMAGE

幻のヨコハマ暗黒街・青木町遊郭とハッテン場「反町公園」 (2)

その昔、神奈川宿に隣接する飯盛旅籠から始まり戦前まで隆盛を極めたとされる「青木町遊郭」があった反町公園。それは戦災で跡形もなく消え去り、現在では横浜で指折りの野外系ハッテン場として夜な夜なモーホーな皆様方の憩いの場となっているという歴史の因...

記事を読む

NO IMAGE

幻のヨコハマ暗黒街・青木町遊郭とハッテン場「反町公園」 (1)

反町駅から徒歩3分ほどの場所に反町公園がある。すぐ隣が神奈川区役所になっていて、いわば神奈川区の中心的な場所になる訳だが相変わらず雰囲気は寂れた感じが否めない。この反町公園一帯は江戸時代から戦前まで続いた「青木町遊郭(反町遊郭)」があっ...

記事を読む

NO IMAGE

横浜市・東横線反町駅前の寂れた怪しい風俗店

横浜駅のすぐ隣、東急東横線反町駅前の界隈を引き続き歩き回る事にしよう。駅前の国道1号沿いに広がる、かなり微妙過ぎる商店街を横目に国道を渡った北側に進んでいく事にする。反町駅前はまるで昭和の時代で開発が止まったかのようだ。タワーマンション...

記事を読む

NO IMAGE

小田原駅前東通り商店街がすこぶる怪しい件

小田原駅東口を出てすぐ左手に「駅前東通り商店街」というのが北へ向けて伸びている。こちらも駅至近ということもあって箱根帰りの観光客がずらずらと徒党を組んで歩き回っているのが見られる、いかにもな商店街...と思ったが、ドサクサ紛れに結構怪し...

記事を読む

NO IMAGE

【現存せず】藤沢辰巳町新地の連れ込み宿「仙成旅館」に泊まる

先日訪れた藤沢駅北口の旧辰巳町にある赤線跡「藤沢新地」。その一角に何軒か連れ込み宿(転業旅館?)の建物が残っていたのだが、そのうち唯一営業を続けている「仙成旅館」に先日宿泊してきた。この土地には仙成旅館の他、隣接する駐車場用地にあった「...

記事を読む

NO IMAGE

三浦市油壺海岸・英国人女性殺人事件の遺体遺棄現場の洞窟 (2)

今からおよそ10年前にイギリス人女性事件があった。その凄惨な手口と犯人の特殊性にマスコミ各社が大騒ぎした事は記憶に新しい。諸磯湾近くの油壺海岸に被害者が発見された洞窟がある。小さな砂浜の奥にその洞窟はこっそりと存在する。洞窟というかむし...

記事を読む

NO IMAGE

三浦市油壺海岸・英国人女性殺人事件の遺体遺棄現場の洞窟 (1)

三浦半島の先端を往く小旅行、最後に訪れたのは京急がリゾート地として開発しまくっている油壺海岸の端、浜諸磯という相模湾に面した集落だ。我々は三崎港のバス停から浜諸磯行きのバスに乗って、終点で降りた。油壺の南側に隣接する浜諸磯集落から、海岸...

記事を読む

まんちんぽ、ペロロ軍曹にアーイヤン…JR平塚駅周辺の下品なピンサロ看板と風俗店だらけの街並み (全5ページ)

藤沢と並んで神奈川県湘南エリアで中心的な街の一つである「平塚市」。藤沢と同じく旧東海道の宿場町として成り立った街で、東京からJR東海道線で1時間少々の位置にある。東京や横浜へのベッドタウンというよりは、地元が工業都市として発展している側面も...

記事を読む

NO IMAGE

藤沢辰巳町遊郭跡の名残りか?藤沢駅北口の怪しい風俗街を眺める

東海道藤沢宿の飯盛旅籠の時代から今に続く、藤沢駅北口の怪しい界隈。周囲がマンション街に変わりつつある中で、飲食朋友会のバラック酒場をはじめ私娼窟の名残りが残る街の片隅に、今も地味に続く風俗街が広がっている。

記事を読む

NO IMAGE

米軍基地と工場労働者の街、大和駅周辺のDQN歓楽街っぷりが凄い件 (全4ページ)

神奈川県大和市…東京からも小田急線や東急田園都市線で片道1時間以内、横浜からも相鉄線一本で行ける神奈川県内でも「県央」と呼ばれる地域の一つの街である。その中心市街地である相鉄線及び小田急江ノ島線が交わる大和駅の周辺はかなりDQN密度の高い歓...

記事を読む

NO IMAGE

川崎市のアウトロー地帯「東田町」と仲見世通

川崎駅前から第一京浜に掛けての一帯は、川崎市内最大の歓楽街として飲食店が立ち並んでいるが、その中で最も存在感を示しているのが「仲見世通」。商店街の入口にそびえる立派な仲見世通のアーチを見ると中央には酒をボトルごと勢い良く飲むオッサンの銅...

記事を読む

NO IMAGE

小泉元総理も住んでます!横須賀の遊郭跡「安浦」を歩く (3)

さらに安浦遊郭の跡地を巡って路地裏を徘徊し続ける。また一つ、遊郭時代の電灯がそのまま残っていた。頭上の位置には何かしら看板が掛かっていたと思われる骨組みが見られる。もしかすると「ぬけられます」などと書かれていたのか。 その背後の赤い外壁...

記事を読む

NO IMAGE

小泉元総理も住んでます!横須賀の遊郭跡「安浦」を歩く (2)

横須賀の遊郭の歴史は、横須賀が軍港として開かれる幕末に遡り、横須賀製鉄所の造営にあたったフランス人技師ヴェルニーの要請で、当時の建設工事に従事するフランス人や関係者を慰安するため最初に開設されたという大滝町の公娼街(後に大火で柏木田に移転)...

記事を読む

NO IMAGE

小泉元総理も住んでます!横須賀の遊郭跡「安浦」を歩く (1)

軍都・横須賀には戦前から軍関係者や関連産業で勤める労働者を慰安するために街の各所に遊郭が作られた。もちろんそれらは昭和33(1958)年の売春防止法施行により表向きには姿を消したが、今も建物などが生々しく残っているだけでなく、細々と「営業」...

記事を読む

NO IMAGE

パンパンがいた街、米海軍基地のある街「横須賀」昭和の残滓を探して (2)

基地の街横須賀は、夜になると街へ繰り出す米兵達であちらこちらがやたら賑やかになる。どぶ板通り以外の横須賀の盛り場の光景を、もうちょっと観察していく事にしよう。外人バーだらけの盛り場として知られるのはどぶ板通りだが、現在の横須賀では盛り場...

記事を読む

NO IMAGE

パンパンがいた街、米海軍基地のある街「横須賀」昭和の残滓を探して (1)

英語でわめき散らす酔っ払いの米兵、hideがライブをやっていた外人バー、そんなどぶ板通りのカオスっぷりも横須賀の街のDEEPな一面であるが、そこで終わらないのがこの街の奥深さである。再び横須賀中央駅前に戻り、今度は駅の東側一帯に広がる若...

記事を読む

首都圏最凶の珍祭!オチンコ神輿が乱舞する「天下の奇祭・かなまら祭」訪問記 (全5ページ)

川崎市の臨海工業地帯の一角にある「川崎大師・平間寺」は厄除け祈願の名所と初詣のメッカとして毎年多くの参拝客が訪れる事で知られているが、その川崎大師の目と鼻の先にある小さな神社がとあるマニアにとって性地...いや「聖地」となっている。

記事を読む

NO IMAGE

これ道頓堀の劣化バージョンじゃん…横浜西口繁華街は神奈川最強のDQN地帯だと思う

何かと上品なイメージで語られる事が多い「横浜」の存在だが、ごく一部のみなとみらい辺りを除けば大部分は山だらけの郊外のド田舎でしかなく実際にそこで暮らしている住民にとって、その現実は他所から見たイメージとは乖離している。 まさにそういった横浜...

記事を読む

NO IMAGE

神奈川県が誇る一大ソープランド街でちょんの間地帯、川崎「堀之内」はやっぱりヤバイ

関東では街中に堂々と「ソープランド」と書かれた看板を掲げている店があって慣れない関西人にとっては少しカルチャーショックを受けるのだが、一方で「ちょんの間」と呼ばれる違法風俗店もある。売春防止法適用後の日本でもこっそりと「昔の伝統」を残し続け...

記事を読む

NO IMAGE

横浜のアジア系暗黒街でソープランド街「福富町」のヤバ過ぎる街並み (全2ページ)

横浜が外国人の影響によって開かれた都市であるということは、周知の事実である。山手居留地や横浜中華街に代表される異国文化の開花の痕跡を見るたび、横浜という街がいかに独特の文化を包括しているのかが見て取れる。 しかし、街に生まれる文化は...

記事を読む

NO IMAGE

横浜はいやらしい街ですね!鎌倉街道沿いに風俗店がズラリ「ハマヘル」を眺める

引き続き、横浜で一番DEEPな街、伊勢佐木町界隈を歩き回る事にしよう。黄金町が壊滅状態になってしまい、見る影も無くなってしまった、そんな悲しい現状とはうってかわって、伊勢佐木町は胡散臭さを込めた独特な活気が漂った街の表情を見せている。

記事を読む

スポンサーリンク