関西屈指のソープランド密集地!滋賀県大津市「雄琴温泉」を歩く (全4ページ)

古都京都から比叡山を挟んだ向かい、マザーレイク琵琶湖が水を湛える関西の水がめ滋賀県。山科から分岐する湖西線に入り15分少々電車に揺られていると辿り着くのが滋賀県を代表する温泉地・大津市の雄琴温泉。県内屈指の由緒ある温泉街であると同時に関西屈指のソープ街が隣接する「男の性地」でもある。1970年代以降、雄琴温泉南側に続々風俗店が開業してからはそのイメージが固定化され、それは現在も変わっていない。

最近駅名が変わったらしく漢字の「雄琴」からひらがなの「おごと温泉」になってしまいゆとり度アップ。

ともかく雄琴温泉と言うと関西はもとより全国に知れ渡っている「関西ソープランドの聖地」のイメージが長年付きまとい、行政や関係者が本腰を入れて風俗温泉地の悪評を取り払うべく地名や温泉宿の屋号を変えるなどして生き残り策を講じているという。

雄琴温泉は比叡山延暦寺の開祖が開いたと言い伝えられる歴史ある温泉地なのだが、1970年代から温泉地の南側に続々とソープランドが進出し、すっかり「雄琴に行く」という言葉が「ソープで一発抜いてくる」という隠語となってしまった悲しい歴史を辿る土地。

それでも雄琴の街は高度経済成長期にモータリゼーションの進化や1974年の湖西線開通によりクルマでも電車でも都市部から気軽に来れる温泉地として大いに栄えてきた。

JR湖西線おごと温泉駅から来た場合、肝心の雄琴温泉までは1キロ少々の距離があるため駅前ロータリーでタクシーを拾うか路線バスに乗るか、もしくは温泉施設の無料送迎バスを利用する必要がある。徒歩だと片道およそ20分くらい。

傍らには電車バス待ち客の為に無料の足湯なども併設されていてご親切だが朝早すぎたせいで閉鎖されていた。比叡おろしの寒風吹きすさぶ冬の琵琶湖は身体にこたえる。

駅前にある雄琴の観光案内図。これを見れば雄琴周辺に何があるか一目で分かるはずだ。当たり前だがソープ街の存在は一言も書いていない。

次のバスまで時間があったしこんな距離でタクシーを使うのもアホらしいので結局徒歩で向かう事にした。駅前の道路をしばらく歩くと国道161号、京都と敦賀を結ぶ湖西路のメインストリート。山側に湖西バイパスがあるせいか交通量はそれほど多くない。

すっかり寂れた、というか田舎過ぎて何もないロードサイドにはDQN御用達なエロDVD屋だけが存在感を放っている。

他にはせいぜいパチンコ屋があるくらいで寂しい国道沿いの道をとぼとぼと歩くとその後ろ側からラブホ風の看板が屋上に置かれた建物がちらりと顔を出しているのが見える。

どう見てもラブホ風なのだがよくよく見るとソープだった。店がまるまるビル1個分のキャパがありやたらデカいのである。さすが関西の一大性地・雄琴だけのことはある。

巨乳のサンプル動画が見放題!

「SoapLand LOVE&BODY」と書かれた看板。しかしこの場所はまだまだ雄琴ソープ街の中心ではない。この一軒だけがたまたま外れた位置に立っているだけである。

そんな大人の盛り場を目の前に普通に個人の住宅地やお子さんの遊び場があるんですがなんとも素晴らしい教育環境で感心させられます。琵琶湖も近いし環境最高やね。

ラブ&ボディの店舗前には雄琴港が広がっている。この周辺が雄琴温泉の中でもまっとうな温泉街に当たる一帯で風光明媚なエリアでございます。しかし観光客の姿は少なく、代わりに多いのが釣り客。

そんな雄琴港を挟んだ反対側の土地が雄琴名物ソープランド街。一つ一つの店の巨大さもあるが店の数も多いので見た目のインパクトが凄い。さすが日本中にその名を轟かせる雄琴は一味違うぞ。

いよいよ雄琴温泉の肝、関西屈指と言われる噂のソープ街がどうなっているのか様子を確かめに行く事にした。なにせ規模もデカく呼び込みのボーイなど関係者も非常に多いので普通に立ち入るのもかなり勇気が要る訳だが…

>2ページ目を読む


スポンサーリンク