飲食街一覧

女性メッタ刺し事件発生!大阪・キタの無法地帯「兎我野町」って何があるんですか

大阪の二大繁華街「梅田」と「難波」、それぞれ「キタ」と「ミナミ」と称するのが地元の呼び方として定着しているが、ミナミと比べると「キタ」は神戸や京都、北摂などの転勤族や高所得者が多く暮らす郊外住宅地から電車一本で繋がっているためか、お上品でま...

記事を読む

これが工業都市・四日市の歓楽街だ!諏訪公園「西新地」界隈のピンクで怪しい街並み (全3ページ)

近鉄四日市駅前には県庁所在地の津市を上回る三重県下最大らしい一大歓楽街が広がっている。飲食店が密集する「二番街」やキャバクラだらけの「西新地」、そして風俗店が周囲に立ち並ぶ「諏訪公園」など見所多し。近鉄四日市駅にも程近い諏訪...

記事を読む

茨城県随一の風俗密集地帯!「土浦市桜町」の破廉恥すぎる街並み (全3ページ)

東京上野から出ている常磐線は首都圏のJR沿線でも指折りのDQN路線として有名で電車の中でスポーツ新聞を広げてるオッサン率と缶ビールor缶チューハイを飲んでるオッサン率、それに車内でスルメの匂いを充満させ宴会を行うオッサン集団目撃率ナンバーワ...

記事を読む

NO IMAGE

怪しい調布百店街と赤線跡「仲町特飲街」

普段あんまり乗らない京王線に乗って調布駅までやってきました。京王線を使ったのはソヘン様とオウムの居る千歳烏山以来の事である。調布という街はかつての甲州街道の宿場町。この土地にも赤線跡があると聞いてきたやってきた訳だが...調布駅と言えば...

記事を読む

東海地方最後のストリップ劇場・まさご座がある街!岐阜の歓楽街「西柳ヶ瀬」を歩く (全2ページ)

名古屋の植民地、岐阜市と言えば駅前ソープ街の金津園がもっぱら有名だが、岐阜の中心繁華街は駅から北に1キロ程離れた「柳ヶ瀬」である。この柳ヶ瀬というのは美川憲一の歌でも知られる有名な場所で昭和の時代には人混みを避けて歩くのが難しい程の繁華街だ...

記事を読む

伝説のホームレス「広島太郎」が棲む街!広島の歓楽街・流川と薬研堀の怪しい街並み (全2ページ)

中国地方最大の都市である広島市で最もお盛んな夜の街と言えば「流川」界隈を置いて他にない。広島の商業中心である八丁堀交差点から中央通りを挟んで南東側一帯にあたるエリア。スナックやキャバクラといった店だけでなくソープ街や遊郭跡まで何でもありの楽...

記事を読む

NO IMAGE

神戸新開地・福原ソープ街向かいの路地裏横丁「松竹小路」

綺麗なアーケード街なのにパチンコ屋とやさぐれたオッサンだらけ、まるで西成かと見紛うような客層の神戸の新開地商店街のすぐ東側には有名な福原のソープ街が広がっている。この周辺には酔っぱらいオヤジが好みそうな怪しげな路地裏横丁が何箇所かあるの...

記事を読む

静岡屈指のアンダーグラウンド温泉街!「伊豆長岡温泉」の胡散臭いタイパブ街 (全2ページ)

静岡県伊豆地方は言うまでもなく温泉街だらけで首都圏の人々の保養地になっている訳であるが、数ある温泉地の中でもとびっきり胡散臭さを見せている所が「伊豆長岡温泉」である。平成の大合併で住所が「伊豆の国市」という間抜けた地名になっているが元は田方...

記事を読む

NO IMAGE

政令指定都市新潟の裏の顔!「新潟駅前」の胡散臭い歓楽街を眺める (全2ページ)

東京から上越新幹線に乗って僅か2時間ちょい、かつての政界のドン・田中角栄先生の政治力で首都圏からの飛躍的な利便性を獲得した北国の米どころ新潟県の県庁所在地新潟市にやって参りました。

記事を読む

みちのく秋田の大歓楽街、芸者文化もあればソープランドもあるよ!「川反」を歩く (全3ページ)

東北地方全体を指して呼ぶ「みちのく」という言葉には「遠い場所」という意味も込められている。本来は陸奥国、つまり現在の青森県のみを指していたが次第に拡大解釈され太平洋側に面した東半分がみちのくだという説があったり、面倒臭いから東北6県全部みち...

記事を読む

NO IMAGE

将棋といで湯とフーゾクの里!山形県が誇る破廉恥歓楽温泉街「天童温泉」 (全2ページ)

古今東西温泉街にエロはつきもので日本の温泉地には温泉芸者やらストリップやらその他ピンクな有象無象があれこれあったのだが近年は寂れていく一方、なんともお寒い平成の世でございますが東北方面にやってきた我々取材班、山形県天童市は天童温泉まで足を運...

記事を読む

戦後の青線そのまんま!南国宮崎の現役ちょんの間地帯「上野町」の艶かしい夜

宮崎の繁華街ニシタチの最も南の外れにある上野町(かみのまち)はソープ街だったり戦後のドサクサ臭が残る市場があったり色々DEEPなエッセンスの詰まったエリアだが、実はちょんの間地帯がこっそり存在しているとも言う。

記事を読む

宮崎市上野町のソープ街と怪しい呑み屋横丁「六番街」

宮崎市の繁華街「ニシタチ」はまた宮崎県で唯一ソープの営業が許可されている地域でもある。何軒かそれっぽい店は繁華街にあるが最も密集しているのがニシタチの南の外れ、上野町。

記事を読む

性豪・東国原前知事もお出迎え!南国宮崎で一番の歓楽街・西橘通り「ニシタチ」 (全2ページ)

我々取材班の中で宮崎市という土地は九州七県の中で最も電車で行きづらい県庁所在地であると認識していたので今まで来るきっかけもなかったのだが、大阪南港から毎日運航しているフェリーで一晩かけて宮崎まで来れてしまうのだった。まあ我々取材班は普通に車...

記事を読む

NO IMAGE

修羅の国・福岡県北九州市小倉駅前の胡散臭すぎる風景 (2)

小倉駅前から胡散臭い横丁を通り抜けて小倉城に向けて歩いて行くとその先には小倉市民の母なる川「紫川」が流れている。この紫川を境に西側、すなわち小倉城や勝山公園がある辺りは官庁街に加え「リバーウォーク北九州」なる商業施設が、まるで博多のキャ...

記事を読む

NO IMAGE

修羅の国・福岡県北九州市小倉駅前の胡散臭すぎる風景 (1)

よく某ネット掲示板界隈などでは「福岡は修羅の国」と恐れられネタにされまくっている感がある福岡県(参考:福岡が"修羅の国"と呼ばれるワケ)だが県庁所在地の福岡市ではなく周辺都市がヤバイのである。特に某暴力団組織関連で相次ぐ銃撃戦や手榴弾だの軍...

記事を読む

NO IMAGE

蜃気楼の見える街・魚津市「柿の木割り飲食街」

近頃アニメ聖地巡礼云々が食傷気味な今日この頃だが、特定地域を舞台とした映画や漫画を見て、実際にその場所に行ってみたいという衝動にかられる事は我々取材班でなくとも誰しも一度くらいはあったのではなかろうか(と勝手に決めつけているが)突然だが...

記事を読む

NO IMAGE

工業都市・阪神尼崎駅前の「神田新道」とその周辺のいかがわしい歓楽街 (全4ページ)

前回のトラキチ商店街探検から2年ぶりに再びやってきた阪神尼崎駅。大阪市に隣接していながらなぜか兵庫県に属していて、梅田から電車で5分という異様な近さの割にはこの街の事をよく知らないでいるのはもったいないので、今度はじっくり時間を掛けて回る事...

記事を読む

NO IMAGE

那覇の歓楽街・松山界隈を歩く (1)

熾烈な沖縄戦の末、街中が焼け野原になった戦後の那覇の歓楽街は、最初に米軍の立ち入り禁止区域から除外された壺屋の神里原社交街から始まり、次いで桜坂社交街あたりが開け、波の上や松山などどんどん海側へシフトしていった。今の那覇市内で一番の夜の...

記事を読む

うちなー赤線地帯の夜は怪シーサー!那覇のちょんの間ゾーン「栄町社交街」を歩く (全3ページ)

戦後の闇市から始まる歴史ある「栄町市場」に隣接して、夜の盛り場「栄町社交街」が広がっている。栄町市場を含めたこの一帯、焼け野原の跡に作られた碁盤の目の路地に沢山のスナックや飲食店が密集している。栄町という地名は行政上は存在せ...

記事を読む

NO IMAGE

総武線亀戸駅東口・怪し過ぎる駅裏横丁を歩く

亀戸駅は総武線に加えて東武亀戸線があったり都営バスの乗り換え客が居たりして駅前の雑踏はなかなかのものである。しかしそんな人の流れとはあまり関係のない一画が亀戸駅東口から続く裏通り。北口のホルモン横丁あたりはよく知られているが、こちら側はやや...

記事を読む

NO IMAGE

金沢の繁華街「片町」界隈を歩く (1)

金沢市の中心市街地「片町」にやってきた。折りしも冬のど真ん中に北陸旅行を決行した我々だが運悪く寒波の来襲を受け、昼夜を問わず金沢の街中も凄まじい猛吹雪だった、金沢駅方面から百万石通りを南下すると片町交差点に至る。隣接する香林坊と併せて北...

記事を読む

大人の文教地区、これでも文京区か!ラブホだらけの怪しい街「湯島」を歩く (全5ページ)

東京に住む人間からすれば「湯島と言えばラブホ街」と言うほど強い固定観念を抱く、その実態はどんなものかしらと我々取材班も湯島界隈の街をずんずん歩いてみる事にした次第。

記事を読む

やっぱりそうか!怪しいフィリピンパブに占領された埼玉のリトルマニラタウン「草加」 (全4ページ)

東武伊勢崎線に乗って埼玉県草加市へ。草加駅へは北千住から西新井などを通って、竹ノ塚の次の次にある駅なので感覚的には足立区の延長領土のような場所である。草加せんべいや宿場町などが有名っちゃ有名だが、一般的には単なるベッドタウンといった趣きが強...

記事を読む

ラブホと風俗店しかないやんこの街…大阪・キタの魔窟「兎我野町」を歩く (全3ページ)

ピンサロにゲイバー、ラブホに発展場とアダルトでピンクなキタの繁華街「堂山町」の南側は、兎我野町。ちょっと変わった字面の地名だが読みは「とがのちょう」で正解である。地名の説には「都祈野」と称する古代朝鮮新羅の言葉で「日の出」を意味する...

記事を読む

内藤新宿の遊郭跡から日本屈指のゲイタウンへ…これが「新宿二丁目」だアッー! (全4ページ)

日本最大の繁華街・新宿を横目に、一般ピープルが寄り付きもしないある意味サブカルチャーもとい「さぶ」カルチャーで濃密な一画が存在している。そこは「新宿二丁目」...すぐそばに広がる新宿の街の喧騒とは一線を画し、うらびれた雰囲気の街並みにゲイバ...

記事を読む

NO IMAGE

青森県最後のストリップ劇場が残る街・本八戸駅前「八戸マノン劇場」とその周辺を歩く (全2ページ)

現在、東北新幹線が繋がっている八戸だが、その八戸駅というのは市街地の外れに建っていて、実際の八戸市街地に行こうと思うと約5キロ程離れた本八戸駅付近まで電車かバスで行く必要がある。

記事を読む

東北一のクソ怪しい歓楽街「仙台国分町」を探検しよう!(全6ページ)

杜の都・仙台にやってきて、仙台で最大の歓楽街はどこかと言われたら「国分町」しかない訳なのである。そこはスナックやキャバクラ、風俗店やら何やらがここぞとばかりに密集する東北最大の解放区。地元民には「ブンチョー」などと呼ばれるら...

記事を読む

スポンサーリンク