社交街一覧

壊滅させられてしまった沖縄最強のちょんの間ゾーン「真栄原社交街」・2011年版 (全3ページ)

戦後の沖縄には日本本土とは全く違った歴史がある。それは1972年に沖縄が日本に返還されるまではアメリカによって統治されていた事だ。戦後20年余り「太平洋の要石」と呼ばれる沖縄各地に極東軍事戦略を目的に無数の米軍基地が置かれ、またそこに駐留す...

記事を読む

うちなー赤線地帯の夜は怪シーサー!那覇のちょんの間ゾーン「栄町社交街」を歩く (全3ページ)

戦後の闇市から始まる歴史ある「栄町市場」に隣接して、夜の盛り場「栄町社交街」が広がっている。栄町市場を含めたこの一帯、焼け野原の跡に作られた碁盤の目の路地に沢山のスナックや飲食店が密集している。栄町という地名は行政上は存在せ...

記事を読む

NO IMAGE

那覇・神里原社交街 (3) 夜の神里原

再び夜の神里原社交街へ。人通りの消えたマチグヮーを抜けて壺屋のあたりまでやってきた。ちょんの間地帯として今でも現役なのかどうかを見たかったのだ。神原大通りの入口付近に来る。この辺は夜中でも比較的賑やかな場所である。混雑する国際通りを避け...

記事を読む

NO IMAGE

那覇・神里原社交街 (2) ブルートタンスナック

那覇市壺屋にある神里原社交街は戦後における那覇市街地最初の盛り場として賑わった場所だ。現在も神原大通りに沿って戦後のドサクサで出来たようなオンボロバラック酒場の成れの果てが残っていて風景が異様だ。神原大通り、那覇市の南側からマチグヮー方...

記事を読む

NO IMAGE

那覇・神里原社交街 (1) 戦後沖縄の原点

那覇の中心市街地にはいくつか「社交街」と呼ばれる夜の盛り場が点在している訳だが、戦後になって形成された盛り場の中でも最も早く栄えたのが壺屋のあたりにある「神里原(かんざとばる)社交街」である。 終戦後那覇市内の全域が米軍によって接収され立入...

記事を読む

NO IMAGE

那覇・竜宮通り社交街とグランドオリオン

那覇中心地の桜坂社交街の裏手、グランドオリオン通りを挟んだ隣から国際通りまでを結ぶ路地にも竜宮通りという社交街がある。ゆいレール牧志駅から国際通りに沿って歩くとすぐ左手に社交街の入口が顔を覗かせる。ここが那覇の街の表と裏の境目。ギラギラ...

記事を読む

スポンサーリンク