東海一覧

糸川のユリコ―熱海中央町のちょんの間地帯に立ち続けていた老婆

この記事は2012年4月に別サイトにて公開していたものです。サイト移転に伴い当ページで再公開します。このページで紹介しているポン引き婆さん「糸川のユリコ」さんは、2013年初旬に亡くなられたと聞きました。最後にはホームレスになって凍死された...

記事を読む

ラブホだらけの廃れた不気味な峠道!音羽蒲郡インター至近「新箱根」を走る (全3ページ)

愛知県岡崎市と豊川市との境を走る国道1号、本宿や赤坂といった東海道の宿場町があり勾配のある道を避けるように東海道本線の線路は岡崎から南下して蒲郡に迂回している。東名高速道路の渋滞名所である音羽蒲郡インター付近の国道1号は非常に交通量が多い。...

記事を読む

これが工業都市・四日市の歓楽街だ!諏訪公園「西新地」界隈のピンクで怪しい街並み (全3ページ)

近鉄四日市駅前には県庁所在地の津市を上回る三重県下最大らしい一大歓楽街が広がっている。飲食店が密集する「二番街」やキャバクラだらけの「西新地」、そして風俗店が周囲に立ち並ぶ「諏訪公園」など見所多し。近鉄四日市駅にも程近い諏訪...

記事を読む

売春島の歴史が潰える日は近い…続・伊勢志摩「渡鹿野島」上陸記2012 (全4ページ)

三重県志摩市にある渡鹿野島は江戸時代から大坂と江戸を行き来する菱垣廻船の風待ち港として栄え、はしりがね(把針兼)と呼ばれた遊女が船乗り達の相手をしていた。その歴史が戦後にまで受け継がれ、売防法施行後も長らく「売春島」の異名で全国のスケベ男ど...

記事を読む

東海地方最後のストリップ劇場・まさご座がある街!岐阜の歓楽街「西柳ヶ瀬」を歩く (全2ページ)

名古屋の植民地、岐阜市と言えば駅前ソープ街の金津園がもっぱら有名だが、岐阜の中心繁華街は駅から北に1キロ程離れた「柳ヶ瀬」である。この柳ヶ瀬というのは美川憲一の歌でも知られる有名な場所で昭和の時代には人混みを避けて歩くのが難しい程の繁華街だ...

記事を読む

静岡屈指のアンダーグラウンド温泉街!「伊豆長岡温泉」の胡散臭いタイパブ街 (全2ページ)

静岡県伊豆地方は言うまでもなく温泉街だらけで首都圏の人々の保養地になっている訳であるが、数ある温泉地の中でもとびっきり胡散臭さを見せている所が「伊豆長岡温泉」である。平成の大合併で住所が「伊豆の国市」という間抜けた地名になっているが元は田方...

記事を読む

県庁所在地の駅裏に東海地方が誇る巨大ソープランド街が!岐阜市「金津園」を訪ねる (全3ページ)

「名古屋の植民地」と言われる岐阜県の県庁所在地岐阜市へは名古屋駅から東海道線の新快速に乗って僅か20分という利便性の良さ。ストロー効果で経済は名古屋に吸い取られ商店街は寂れ路面電車も廃止、という泣きっ面に蜂なのが岐阜市なのだが一方で駅前には...

記事を読む

アルベルゴ上野とサシで勝負できそうな名古屋栄の風俗伏魔殿ビル「チサンマンション栄II番館広小路」

名古屋の中心繁華街・栄にも程近い広小路通の長者町交差点。栄駅と伏見駅の中間地点くらいの所にやってきた。

記事を読む

NO IMAGE

真夜中の愛知万博会期延長中・外人立ちんぼゾーン「納屋橋」を歩く (全2ページ)

日本広しと言えども名古屋という土地は指折りの無法地帯であると思う。とりわけ近年トヨタ関連の自動車工業で大勢の日系ブラジル人やその他外国人労働者が流入してきた愛知県ではその盛り場も女子大小路のような不良外人の溜まり場があったりそっち方面でも随...

記事を読む

NO IMAGE

伊豆稲取温泉・天下の奇祭「どんつく祭り」 (2)

静岡県賀茂郡東伊豆町稲取にある稲取温泉で毎年6月に開催される天下の奇祭「どんつく祭」を拝見する為にやってきた我々取材班。どんつく神社の前まで辿り着くも既に祭りが始まり肝心の御チン体はほぼ入れ違い状態で村人によって麓の会場に降ろされていった。...

記事を読む

NO IMAGE

伊豆稲取温泉・天下の奇祭「どんつく祭り」 (1)

珍祭・奇祭大好きな我々DEEP取材班。遠路はるばる伊豆半島の稲取までやって参りました。 東京から鉄路だと伊豆急行があるものの東伊豆町の稲取となるとなかなか足が運ぶような距離ではない。そういう訳で今まで行けてなかった場所だがようやく今年に訪問...

記事を読む

NO IMAGE

名古屋のゴッサムシティ・新栄町CBC裏

名古屋・栄の外国人歓楽街と化した「女子大小路」を眺めつつ東側の新栄町方面に歩いて行くと、外国人タウンはさらにその先にまで伸びている。東京で言う所の新大久保、大阪で言う所の島之内のような立ち位置にあるのがこの界隈らしい。で、名古屋高速が走...

記事を読む

NO IMAGE

夜の愛知万博・名古屋「女子大小路」は不良外国人だらけでオッカネー件 (全2ページ)

日本各地を渡り歩いてきた我々取材班でも、不良外国人の巣窟となっている中部地方や北関東エリアは治安や色々な面で非常にヤバイと認識している。とりわけブルーカラー産業の盛んな地方では景気の良い頃に日系ブラジル人やらその他外国人が仕事を求めてわんさ...

記事を読む

NO IMAGE

伊豆高原のツルッパゲ火山「大室山」に登る

2010年1月、温泉街・熱海への取材旅行を済ませた後に伊豆半島を回ろうという予定になっていた。熱海駅からレンタカーを借りて、伊豆半島を南下、その途中に別荘地として名高い「伊豆高原」がある。伊豆高原には大室山という変わった山がある。 山全...

記事を読む

NO IMAGE

ドキッ!廃墟だらけの「熱海温泉」 (2) お宮の松と廃墟群

最後に、明治時代の小説家・尾崎紅葉の代表作「金色夜叉」の舞台で、有名なワンシーンとして刻まれた貫一とお宮の銅像が建つ海岸沿いを訪れた。貫一の許嫁であったお宮が勝手に富豪の男に嫁いだ事に激怒した貫一が、問い詰めた上でお宮を足蹴にする図。金...

記事を読む

NO IMAGE

日本最後の秘宝館「熱海秘宝館」と錦ヶ浦 (2)

熱海の錦ヶ浦山頂にそびえる性の殿堂「熱海秘宝館」にやってきた。昭和55年にオープンした秘宝館の一つであり、伊勢の元祖国際秘宝館無き今、日本に「秘宝館」の名称で残っている施設の中の数少ない生き残りである。熱海秘宝館の入口。ロープウェイ経由...

記事を読む

NO IMAGE

日本最後の秘宝館「熱海秘宝館」と錦ヶ浦 (1)

熱海にやってきたら、一度は「熱海秘宝館」を訪れようと考えていた。 それが今現在、関東において最も手軽に来る事のできる秘宝館の一つである。 全国各地に点在する昭和の遺物「秘宝館」は、昭和40~50年代の社員旅行の文化がメジャーだった時代に各地...

記事を読む

NO IMAGE

熱海市中央町、温泉街の赤線跡を歩く

熱海市中央町にはかつて大規模な遊郭(赤線)があり、現在も多くの遊郭建築が残る飲食店街の風情は全国的にも珍しいと言える。 表向きに、温泉街の熱海は日本有数の芸者街として知られるのだが、熱海だけでも100軒もの置屋があり、現役の芸妓も250名ほ...

記事を読む

NO IMAGE

熱海温泉探訪記 銀座商店街・ストリップ劇場

JR熱海駅から下り坂をずるずる降りてくると、およそ徒歩10分程度で熱海の中心市街地における目抜き通りとなる「熱海銀座商店街」が現れる。さすが「銀座」と名のつく商店街だけの事はある。ここが熱海の中心と言わんばかりの立派なアーケードが道路の...

記事を読む

NO IMAGE

おっぱい寺「間々観音」 (2)

全国唯一と言われる「お乳の寺」、愛知県小牧市の「間々観音」を訪れている。寺の山門から向かって左側に本堂がある。 他に参拝客が居ないからか、非常に閑散とした印象を受けるのだが、これが3月15日になると、同じ小牧市にある田縣神社の豊年祭へや...

記事を読む

NO IMAGE

おっぱい寺「間々観音」 (1)

古くは小牧長久手合戦の舞台の一つとして知られる史跡・小牧山の麓にある、愛知県小牧市間々本町の住宅地の一角に、日本でも珍しい「おっぱい寺」が存在している。それが間々観世音菩薩、通称「間々観音」である。 正式には「龍音寺」といい、浄土宗に属...

記事を読む

巨大男根神輿が街を練り歩く!愛知県小牧市にて毎年3月15日開催!天下の奇祭「田縣神社豊年祭」 (全5ページ)

愛知県小牧市に田縣神社という古い神社がある。創建時期も分からない程の古社で、一説には弥生時代にまで遡るとも言われる。祭神は素戔嗚尊の孫である農業を司る「御歳神」と子宝・安産の守護神である「玉姫神」。子宝繁栄と五穀豊穣をもたらす古い土...

記事を読む

売春島と呼ばれた禁断の島…伊勢志摩渡鹿野島上陸記・2008 (全6ページ)

渡鹿野島...三重県伊勢志摩に浮かぶ小さな島、そこは売春島として全国に知れ渡る禁断の島。しかし今では廃墟の島と化している。2008年初旬に上陸した時の記録。

記事を読む

スポンサーリンク