売春島の歴史が潰える日は近い…続・伊勢志摩「渡鹿野島」上陸記2012 (全4ページ)

三重県志摩市にある渡鹿野島は江戸時代から大坂と江戸を行き来する菱垣廻船の風待ち港として栄え、はしりがね(把針兼)と呼ばれた遊女が船乗り達の相手をしていた。その歴史が戦後にまで受け継がれ、売防法施行後も長らく「売春島」の異名で全国のスケベ男どもの間にその名を轟かせていた。

この島に訪れるのは二度目の事となる。前回は2008年初旬の訪問でそれから4年余りが過ぎた訳であるが、あれから変化はあったのか、そして今も残る売春島伝説の実情とやらをもうひと探りしたかったのだ。今度はちゃんと夜にやってきましたよ。

今回は違ったアプローチで渡鹿野島に渡ろうと思っていた。島に渡る方法は対岸の国府地区から夜遅くまで出ている民間定期船に乗るしかない訳だが、今度は「渡鹿野島に泊まる」腹積もりで事前に予約していたホテルの船で行くのだ。

やってきた定期船はホテル専属ではなく民間定期船と同じものだった。船内にも時間が遅くなるほど船賃が高くなる不思議な料金表が載っている。近年はソッチ目的の客もごっそり減ってしまいもはやピンク産業だけでは島が食っていけない事情がある。渡鹿野島には何軒か旧態依然とした観光ホテルがあるが一方で完全な観光目的での客を受け入れようと妙にオシャレぶったホテルも開業している。

…で、今回泊まる事になったのがその妙にオシャレぶったホテルな訳ですが(笑)渡鹿野島最大のホテル福寿荘が別館として2004年に開業した「アジアンな温泉宿 はいふう」。予約客は既に船着場自体が別で、ホテルの真ん前で降ろされる事になる。荷物はその場でスタッフが預かってくれる。やだ、なにこの高級テイスト。

ロビーにやってくるとお茶とお菓子が出てきて…と既にDEEP案内の路線じゃありませんがこれは。スタッフの応対は一流ホテルのそれと全く同じ。ぐうの音も出ない。そして周囲を見渡せば非常にお客が多く賑わっている。殆どカップルか家族連れだ。リア充しか居ないよ。

ホテルの内装はバリ島風味なアジアンテイストで統一されていて、ほぼ全室プライベートバスとバルコニー付きのリゾートホテルとなっている。豪華料理2食つきで宿泊料金は1人2~3万円といった所か。ここが渡鹿野島じゃなければこんな高級宿に泊まりませんよ我々だって。

スタッフの親切丁寧な応対の上お部屋まで案内されるとホテルのパンフレットに書かれている通りプライベートバスや福寿荘と共同の大浴場、アーユルベーダにエステ(笑)まで至れり尽せりのサービスを堪能する事が出来る。部屋にはDVDも豊富に揃えております…とまで言われて、いやホテルの外に行きたいんだけど、という雰囲気ではないのだ。

そしてお楽しみの晩御飯はというと…豪華フルコース料理(笑)的矢かき白ワイン蒸し、志摩産地蛸のカルパッチョ、帆立貝のムースカナッペ、お造りは伊勢海老、横輪鮪、真珠貝昆布〆、それから伊勢海老のクリームスープ…ここは本当に渡鹿野島なのだろうか。幻覚を見ている気になってきた。

VR動画

リッチ過ぎて落ち着かない空間で座っているとお造りが運ばれてきました。すみませんねえ贅沢してしまって。終始このようなもてなしでホテルでの優雅な時が流れていく訳です。

お客には評判上々で、この島の歴史をなーんにも知らないような呑気そうな方々が思い思いの時を過ごされている。リア充カップルどもは飯食ったらプライベートバスに浸かってベッドでメイクラブだろうが我々には自らに課していた任務が残っている。

晩飯もそこそこにホテルの外に出ようと渡り廊下に向けて歩いて行くと妙に場違いな強面のオジサンスタッフに「どちらへお出かけですか」と止められてしまった。散歩したいだけだと言ったら「特に見るものもないのでお部屋でゆっくりされてもよろしいかと」などと返されてしまった。

結局訝しげな表情のホテル従業員のオジサンを振りきって外に出てきた訳だが、不自然に止められるとやはり客に見せたくないものがあるのかと勘繰りますよね。ちなみにパンフレットにもホテルの外についての案内は殆どなし。渡鹿野の地名すらない。ホテルの外へは隣り合っている福寿荘の玄関から出る事ができる。

>2ページ目を読む


スポンサーリンク